通常、飛行機は高度9,000~12,000メートル(30,000~40,000フィート)の成層圏を音速に近い時速900キロで巡航します。上空は気圧が低いため、機内は与圧されていますが、客室内の気圧は地上より低く、標高2,000~2,500メートルの山(富士山の5合目程度)に登っているのと等しい状況です。飛行機は振動や揺れが比較的少なく、ご病気のお客様の安静状態を保てるなどの利点もありますが、飛行時間、飛行高度(機内の与圧状態)、気象条件が病状に悪い影響を与える場合もあるため、お客様の症状によってはご利用いただけないこともございます。

  • 機内では ゆったりした服装をおすすめします
  • 常備薬の機内への携帯をおすすめします
  • 食事、炭酸飲料、アルコールは控えめに
ご搭乗に際しては、以下の点をご確認のうえ、体調・持病等に影響が心配される場合は、医師等にご相談ください。

機内の気圧
飛行中の機内の気圧は地上に比べて70%~80%に減少し、着陸時には15~30分の間に大きな気圧の変化が生じます。短時間での気圧の変化は、航空性中耳炎や腸管性の腹痛が起こることがあります。

酸素濃度の低下
呼吸器の障害、心臓の障害、脳血管の障害や重傷貧血等はいずれも酸素濃度の低下により影響を受けます。また、妊娠後期の妊婦や新生児にも酸素不足が悪影響を及ぼすことがあります。

気温
機内での気温は24℃程度でおおむね一定に保たれます。

湿度
機内の湿度は0%~20%程度と低くなります。

機体の揺れ
やむを得ず気流の悪いところを通過するときには機体の揺れが生じます。 時として大きな揺れになることもあります。

長時間の着席
下肢に静脈瘤のある方や手術後の方は下肢の血液のうっ滞により血栓ができやすくなります。