迷惑行為があった場合は、皆様のご協力をお願い申し上げます。

最近「使用制限時間帯での携帯電話などの使用」「機内、特に化粧室内での喫煙」「過度の飲酒などを起因とする暴力・威嚇行為」などの迷惑行為が増加しています。このような行為は、他のお客様にご迷惑をおかけするだけでなく、運航中は安全運航を阻害する要因、また法令にも抵触するものとなります。安全運航の維持、搭乗者の保護、航空機内の秩序、規律の維持を図るため、このような行為が行われた、もしくは行われようとする場合、当社は毅然たる態度で立ち向かう方針です。その際、法令に基づき、皆様のご援助をいただくことがありますので、ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。


航空機利用の一般化、機内の全席禁煙化、携帯電話などの普及により、航空機内での安全阻害行為等(機内迷惑行為)が急増してきました。
安全で快適な空の旅をお楽しみいただくため、機内における安全阻害行為等を防止する法律ができました。今般、通常国会において成立した改正航空法に基づき、機長から止めるよう命令されたにもかかわらず、以下の行為を引き続き行ったり、繰り返した場合には50万円以下の罰金が科せられることとなりました。

以下の行為は法律違反です!!

1.
乗降口の扉などを操作すること
乗務員からの指示なしに乗降口等の開閉ハンドル・スイッチを操作することは非常に危険です。
2.
化粧室内で喫煙すること
機内では全面禁煙となっています。特に化粧室内での喫煙は、火災につながるおそれがあります。
3.
乗務員の業務を妨げること
保安上の観点から、過度の飲酒等による暴言・威嚇・性的いやがらせ等、乗務員の業務を妨害してはいけません。
4.
携帯電話などの電子機器類を作動させてはならない時期に使用すること
詳しくはこちらをご覧ください。→ 電子機器類の使用制限
5.
座席ベルトを装着しないこと
突然の揺れ等で投げ出された場合、ご自身だけでなく他人も怪我をする場合があります。
6.
座席の背などを所定の位置に戻さないこと
座席の背やテーブル等を所定の位置に戻さないと、非常時の脱出の妨げになるおそれがあります。
7.
手荷物を通路などに放置すること
通路などに手荷物を放置すると、突然の揺れ等により飛散し危険です。非常時の脱出の妨げになるおそれもあります。
8.
非常用機器をみだりに使用すること
非常時に備え、消火器や救命胴衣等の非常用機器はみだりに使用しないでください。

非常用の装置又は器具


・法令により定められた救急用具(非常信号灯、防水携帯灯、救命胴衣又はこれに相当する救急用具、救命ボート、救急箱、非常食糧、航空機用救命無線機、緊急用フロート)・消火器・非常用警報装置・煙感知機・携帯用酸素ボトル・酸素マスク・機内放送装置・スモークフード

航空法第73条の3「安全阻害行為等の抑止の措置等」では「迷惑行為」に対する措置が次のように規定されています。

迷惑行為

(1)
航空機の安全を害する行為
(2)
機内の搭乗者又は財産に危害を及ぼす行為
(3)
機内の秩序を乱す行為
(4)
機内の規律に違反する行為
(5)
前記に掲げる行為をしようとしていると信じるに足りる相当な理由がある場合

迷惑行為があった場合

当社では、口頭による注意、警告書の提示、搭乗拒否、降機等の対応をとることとしています。また、当該行為を継続された場合、法令及び運送約款に基づき、やむを得ず次の処置をとることがあります。

(1)
出発地空港への引き返し、または最寄りの空港への緊急着陸
(2)
警察当局への通報及び待機の要請
(3)
お客さまの拘束

なお、迷惑行為により当社が被った損害に対して、その費用も請求させていただきます。