目的と基本方針
当社は、株主や投資家の方々に、「充実した情報」を「公平」かつ「迅速」にお知らせするためにIR活動を行っています。決められた重要事実公開手順を踏まえたうえで、業績結果、財務内容、将来ビジョンや経営戦略を、「わかりやすく」、「正確」に伝えることを基本方針とします。
情報開示内容
四半期毎の詳細な業績開示など適時の重要情報開示を行うほか、開示するべき「その他の重要な事実」についても迅速に公開していくことにより、投資家の方々へ公正な便宜を図ることを心がけてまいります。
情報開示方法
当社の情報開示につきましては、開示すべき事実が決定又は発生する都度に、東京証券取引所の「TDnet」への登録及び当社ホームページ「IR情報」への掲示を行って、インターネットを有効活用して適時性・公平性の確保を図っております。株主の皆様には定期的に事業報告書をお送りして、当社の事業展開についてご理解いただけるよう努め、アナリスト・機関投資家の皆様向けには、当社主催の説明会や個別ミーティングを開催するほか、外部団体等が主催する説明会にも参加して、当社の事業活動全般に理解を深めていただけるよう行っております。
※当社ホームページへに関しては、技術的な問題等でTDnetより掲載が遅れる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
将来予測
当社が開示する情報のなかには「業績予想」などの将来の予測についての記述が含まれる場合がありますが、実際の業績は、世界情勢・経済環境・市況などさまざまな変動によって、大きくかい離する可能性もあります。従いまして、当社に対する投資をご検討される場合には、こうした記述に対して全面的に依拠することは避けていただきますようお願いいたします。
IR自粛期間
当社は、四半期ごとに行われる各決算発表予定日までの一定期間を「IR自粛期間」といたしておりまして、この期間内は特定の投資家もしくは媒体に対する業績見通しについてのコメントを差し控えさせていただいております。従いまして、その期間になりますと、当社は個別ミーティング及びアナリスト説明会などの開催や、外部団体等が主催する説明会への参加もご遠慮させていただくこととなりますので、ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。